■プロフィール

なかじい

Author:なかじい
家族構成
父ちゃん(自転車・アウトドア好きの単身赴任)
嫁さん(菓子作り・手芸好き)
こうき(バドミントンに燃える受験生(中3))
ありさ(ピアノ好き(小5))

■フリーエリア

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■リンク
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
道志村山登り
こうきと道志の山登り=鳥の胸山に行ってきました。

朝6時10分ごろ自宅を出ましたが、既に中央道は渋滞。登山開始は9時40分ごろになりました。
出発前 元気なこうき
登り始めの林道への入り口は若干分かりづらく、一度間違えてしまいました。

グリーンロッジの前あたりに標識が出ていました。
グリーンロッジ前の標識
ここを過ぎると、本格的な登りです。

直後に杉林の中を登っていきますが、この杉林の中がまた分かりにくい。

ところどころに「鳥の胸山→」と表示されていなければ、さっぱりわからん感じでした。

杉林をずんずん直登する感じで、標高を稼いで行きます。

かなりの急こう配でこうきが苦労しました

途中、何度か休憩をはさみながら、山頂には11時10分ごろに到着です。

山頂からは展望が開けていましたが、残念ながら富士山には雲がかかっていました。山頂①

山頂②

↓分かりにくいかもしれませんが、正面に富士山が頭を少しだけ出しています。
山頂③

山頂④

ここで長めの休憩を取ります。写真を撮って、昼ご飯にします

すると、今はやりの山ガールも登ってきました。山頂での時間を楽しんで、11時40分ごろに下り開始です。

途中いくつかのピークを通り過ぎながら、しばらくは比較的平坦な道でした。

道志の森キャンプ場と、道志の湯方面との分岐で一休み。
道志の森キャンプ場分岐

この先、道志の森キャンプ場を目指して下っていきます。

一か所、岩がせり出した個所があり、注意が必要です。

また、杉林に入ると登りと同様、下りの傾斜もきつくなりました。

転落に気をつけながら、ゆっくりと下ります。

杉林の中をかなり下ってきて、下の方から人の声が聞こえてくるようになると、

道志の森キャンプ場もすぐ近くです。

ところが、尾根筋の道がロープでふさがれているところがあり、ここの道が分かりにくかったです。

尾根から右にも左にも降りられる感じで、人の声は左の下の方から聞こえます。

「鳥の胸山」の赤い標識が出ていますが、右の斜面から登ってくる人に見やすいように置かれています。

結局、ここは赤いテープが木に巻きつけてある左のルートが正解でした。

これを下りきると、キャンプ場の敷地内に出ました。

3連休ということもあり、キャンプ場は大盛況でした。

しかしここのキャンプ場は広いですね。

プール(池?)もあって楽しそうなので、いつか来ようと思いました。

キャンプ場からは林道をダラダラ行く感じです。

スタート地点に帰ってきました。

↓奥に見えるのが、登った鳥の胸山です。
ゴール地点
スポンサーサイト


その他 | 23:25:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ