■プロフィール

なかじい

Author:なかじい
家族構成
父ちゃん(自転車・アウトドア好きの単身赴任)
嫁さん(菓子作り・手芸好き)
こうき(バドミントンに燃える受験生(中3))
ありさ(ピアノ好き(小5))

■フリーエリア

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■リンク
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
第2回紅葉ライドのはずが・・・
赤城山で撃沈しました

『冬の入り口も近いので、冬になると行けないところに行こう』

ということで沼田~赤城山~伊勢崎~高崎というルートに決め、

土曜日の深夜24:30に就寝。

でも、さすがに3:30には起きられません

日曜の朝、気付くと5:30。そそくさと準備して家を出たのが6:15。

この時点でルート変更を余儀なくされ、沼田からのスタートを諦めました。

JR本庄駅をスタートし、例の国盗り合戦の伊勢崎と大胡を塗りつぶしつつ、

赤城山の南麓からアプローチすることにしました。

利根川を渡り、伊勢崎市街を通過。途中のコンビニで朝ごはん休憩。

そもそもこれが失敗の原因かも知れませんが、

食べ過ぎてムカムカするのが嫌で控えめにサンドウィッチひとつでした。

さらに大胡市街を抜け、10:40 赤城山を望む田園地帯でパチリ

赤城山遠景

この時点では、まさかこんな結果になるとは想像していませんでした。

確かに、いつもルート検討に使っているツーリングマップルによると、

今回登りに使った県道16号は『赤城の裏ルート 道幅狭く急勾配』と

書いてあります。ので、行けるとこまで行こうって感じで再スタート。

11:30 初めの目標地点である赤城神社に到着。

赤城神社①

赤城神社②

キャンプ場を過ぎ、採石場を左手に見る辺りから本格的に登り始めます。

しばらく行くと、滝沢温泉への分岐に到着。まだ行けます。

12:00すぎ 赤城温泉への分岐。まだまだ。

赤城温泉への分岐

この辺から、急勾配の登りコーナーが連続します。

空腹と渇きと闘いながら結構頑張りました。

ひとつ、またひとつと休み休みコーナーを登っていきます。

それでも、『あのコーナーで終わりやろう』と思って行った先に

まだコーナーが…。

『ここまで来たからには、てっぺんへ』と思いつつ登りました。

途中、あまりのことに座り込んで、その場で動けなくなりそうに。

それでも何とかリスタート。ところが…

カーブミラー137番の地点で見上げたまだ上の方道が見えたところで

気持ちが切れました。身体も動かず、これ以上は進めません…。

この時13:45。いわゆるハンガーノック状態だったんでしょうか?

ここまで・・・

これを見て断念

来た道を、車に気を付けながら下ります。

2人ほど登って来るローディーさんとすれ違いました。

てっぺんまで行くんでしょうか。

一気にふもとまで降り、喜楽庵というそば屋で遅ーい昼ごはん。

喜楽庵

そして、富士見温泉見晴らしの湯で身体を温め、高崎から輪行して帰りました。

今回の敗因は何なのか?思えば、もう少しでてっぺんだったのですが。

『食料やドリンクの準備不足』『ルート選択の間違い(わざわざキツイところを登った)』

『そもそも父ちゃんにはそんなの無理だった』とかいろいろあると思います。

にしても、こんなんじゃ志賀・草津あたりは無理無理って感じです。

しかし、いつかはリベンジしてやりたい




本日の
走行距離81.7km
平均時速16.3km
スポンサーサイト


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

自転車 | 23:30:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
お疲れ様でした

あと少しのところで残念!
リベンジ頑張って下さい。

でも心折れてしまう事ありますよね
私も六甲山で...

お蕎麦、美味しそうですね(笑
2011-11-16 水 20:14:59 | URL | kobasho [編集]
No title
kobashoさま
コメありがとうございます

いや~ホントこのまま動けないかと思いましたね。

六甲山ですか…懐かしい限りです。
2011-11-17 木 20:50:35 | URL | なかじい [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ